--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013/02/25 (Mon) 11:40
キューバで、ラウル・カストロ最後の戦い

国民議会は2月24日、81歳のラウル・カストロ将軍を国家評議会儀会長と閣僚評議会議長に再選した。彼は2008年から、重病を患った兄のカストロ・フィデルの後継者となっている。ラウル・カストロの任期満了(1期5年で2期)に伴い、新たな国家元首は2018年に選出される。

カストロ主義は1959年から権力の座についており、主に経済分野で役割をになっている。社会不満が高まっている中、超中央集権的で官僚的なキューバ社会主義は混合経済を発展させようと試みている。政治的コントロールを失うことなく、民間セクターにイニシアティブを取らせるのだ。しかし、この戦略は高いリスクを孕んでいる。

どのようにカストロ政権は経済危機を乗り越えようとしているのか?

空前絶後の経済危機の直面して、カストロ政権は近年社会主義を譲歩せざるを得なくなってきた。民間セクターが「計画経済」の欠陥を補う可能性があるとして、国家規制を少し緩和しつつある。しかし、この賭けがうまくいく可能性は低いと、キューバ経済センターのPavel Vidal AlejandroとHavane大学のOmar Everleny Perezは話す。「政府は徐々に改革しようとしているが、革命を起こすのに、徐々に漸進的改革の時間はもう残されない。今こそ、政府は社会的同意を得るために早急な結果を求められている」。

政府が行った最も劇的な措置と言えば、2010年に行われた180万人の公務員削減の発表だった。これは全労働人口の4分の1にあたる。しかし、この荒療治は反感を招き、国は解雇の時期をずらすことになった。今日までに36万5千人のポストが削減されている。

この削減されたポストを補完するため、共同組合と中小企業の創立に関する法律が緩和された。2012年末の時点で自営業をしている者は約40万人にも上り、その26%を首都ハバナの市民が占める。その商売00は主に3つの分野に集中している。食品業、住居・輸送業、そして観光業である。

参照記事:
http://control.blog.fc2.com/control.php?mode=editor&process=load&eno=64

重要語句
Économie mixte(混合経済):政府が市場経済に直接多くの関与をする経済
Économie planifiée(計画経済):経済の資源配分を国家が物財バランスに基づいて計画的に配分する、主に社会主義国の経済体制
スポンサーサイト

2013/01/17 (Thu) 23:47
キューバで渡航改革が実行される

ラウル・カストロ国家評議会議長によって月曜日に実施される移住法の改正によって、キューバ人は今後、自由に海外を旅行できる権利を得た。国民に待ち望まれてきたこの改革は、18歳以上のすべてのキューバ人に対して有効なパスポートを携帯していれば外国へ渡航することを認めるというものだ。未成年者は両親や保護者の公正許可証を所有していれば同様に国を出ることが出来る。

改革は、2008年2月から国家評議会議長に就任しているラウル・カストロが推し進める開放政策の一環として10月に宣言された。この法律によって、外国での巡業や任務の際に欠席していたスポーツ選手や専門職の人々のように、特に海外で生活している約200万人―その80%がアメリカ、特にフロリダ州―がその恩恵を受けることになる。

"PERMISO DE SALIDA"

1961年以来、海外へ行くことを望むキューバ人は特別許可証であるPermiso de Salidを手に入れ、渡航先の招待状を利用しなければならなかった。さらに11か月以上外国に滞在することは出来ず、違反すれば財産を没収された上に亡命者とみなされ、一生帰国が許されなかった。この枠組みはカストロ主義者の革命から逃れるキューバ人の流出を防ぐことが目的だった。

キューバ人が権利と財産を失うことなく海外に住むことが出来る期間は11ヶ月から24か月間であり、更新も可能だ。しかしパスポートを手に入れるために必要な費用は二倍の100ドルになる予定だ。最近では、この費用の増加の前にパスポートを手に入れようと、多くのキューバ人が移住サービス事務局に駆け込んでいる。

制限

この法律が発表されてから、政令も進歩した。医者は「人的資本」の保護と「頭脳流出」の抑止を名目に当初改革から外されていたが、最終的にはその利益を享受すべきだと認められた。しかし政府は、依然として国家の安全や公益を理由に外国に移動することを制限する権利を維持している。有名な反体制派の人々がこの改革の恩恵を受けられるかどうかは分かっていない。


参照記事:
http://www.lemonde.fr/ameriques/article/2013/01/14/la-reforme-migratoire-est-entree-en-vigueur-a-cuba_1816453_3222.html

| ホーム |

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。