--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013/09/27 (Fri) 19:33
34年ぶりにアメリカとイランの大統領会談

オバマ大統領は27日金曜日、イランのロウハニ大統領で電話で話したと発表した。アメリカとイランの両大統領による会談はイスラム革命の1979年以来のことで、両国間の「真の緊張緩和」とみなされている。

「たった今、イランのロウハニ大統領と話をしたところだ」とオバマ大統領はホワイトハウスから報告した。「我々はイランの核問題について合意に至るための様々な試みに関して話し合った」。イラン政府側も今回電話会談があったことを認めている。

参照記事:
http://www.lemonde.fr/ameriques/article/2013/09/27/obama-s-est-entretenu-avec-rohani-une-premiere-entre-dirigeants-des-deux-pays-depuis-34-ans_3486343_3222.html
スポンサーサイト

2013/06/15 (Sat) 00:47
イランの大統領選挙に穏健派のハサン・ロウハニ氏が勝利

8年間の保守強硬派政権が終わりを告げ、イランの大統領選挙で穏健派のハサン・ロウハニ氏が当選したと、15日土曜日にイランの内務大臣は発表した。

発表の後すぐに、多くの人々がテヘラン中央の大広場に集まって彼の勝利を祝福した。彼らはロウハニ氏の肖像を掲げ、彼を支持するスローガンを叫んだ。

参照記事:
http://www.lemonde.fr/proche-orient/article/2013/06/15/le-modere-hassan-rohani-remporte-la-presidentielle-en-iran_3430868_3218.html

2013/02/22 (Fri) 10:50
イラン:新たな遠心分離機を設置、国際的な怒りを買う

2月21日木曜日、国際原子力機関(AIEA)は、イランが2月初めにNatanzでより高性能の遠心分離機の導入を始めたことを確定した。イラン核エネルギー機構(OIEA)は2月13日に新型の遠心分離器の設置開始を発表していた。

報告によると、Natanzにおいて「2013年2月6日、イランが遠心分離機IR-2mの設置開始を観察した」。IR-1よりも高性能の遠心分離機が設置されたのは初めてのことだ。

イランは原子爆弾にかつてないほど近づいている

アメリカ大使館はこの行動を挑発と見なし、すぐに反応した。「高性能の新たな遠心分離機の設置は 安全保障理事会AIEAによる決議に従う義務に違反している。これは新たな挑発行動とみなされる」と国務省のスポークスマンVictoria Nuland氏は話した。

イスラエル側はイランが「かつてないほど原子爆弾に近づいている」と強調した。首相秘書のBenyamin Nétanyahouは、AIEAの報告を深刻とみなし、イランが「原子爆弾を作るのに十分な材料を今までにないほど手に入れたことになる」と主張した。

行き詰まり

イランは別のウラン濃縮化計画によって、すでに数回の国際制裁を受けている。多くの大国はイランが平和計画の名のもとに、原子爆弾を所持しようとしているのではないかと疑っているが、テヘランは否定している。

報告の中で、AIEAは核活動の調査の同意に関してイランとの議論が行き詰っていることを認めている。国連組織によると、一年前から数回集会が行われており先週にも行われたが、「構造的接近の文書を最終的にまとめて、実際の調査を始めることが出来なかった」。

AIEAは、2011年のイランの報告書で提起されている点を明らかにするために遠心分離器の場所、人、あるいは文書に最大限接近しようと試みている。2003年以前、あるいはその後も続いている原子爆弾開発の研究が報告書の中に記されているかもしれないからだ。

参照記事:
http://www.lemonde.fr/proche-orient/article/2013/02/21/nucleaire-l-iran-a-installe-des-nouvelles-centrifugeuses_1836666_3218.html

2013/02/09 (Sat) 15:47
テヘランでの猿の宇宙打ち上げは国連決議に違反

アメリカは月曜日イランに対して、もし宇宙への猿の打ち上げが成功したならばそれは発射プログラムを罰している国連決議に違反していると警告した。

「私はこの哀れな小猿が宇宙へ行く準備をしている画像を見たが、猿が本当に宇宙に到達したかどうか確認する方法はない」とアメリカ国務省のスポークスマンVictoria Nulandは当初一笑していた。イランは月曜日に、カプセルに乗せられ高度120kmの宇宙に打ち上げられたこの猿が生還して戻ってきたことに対して、2020年までに人間を宇宙に送る計画の大きな一歩を踏み出したと主張した。

参照記事:
http://www.lemonde.fr/proche-orient/article/2013/01/29/l-envoi-par-teheran-d-un-singe-dans-l-espace-violerait-une-resolution-de-l-onu_1823752_3218.html

| ホーム |

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。