--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2001/01/01 (Mon) 00:00
コンゴ基本情報

概要

Democratique Congo

国名:コンゴ民主共和国(République Démocratique du Congo)
首都:キンシャサ(Caire)
公用語:フランス語(Kinshasa)
宗教:キリスト教80%、イスラム教10%(ほとんどがスンナ派)

大統領:ジョゼフ・カビラ(Joseph Kabila)
首相:オーギュスタン・マタタ・ポニョ(Augustin Matata Ponyo)


現代史

①1960年6月30日にコンゴ共和国(1964年、コンゴ民主共和国に改称)としてベルギーから独立。独立から1週間も経たずして内乱とベルギー軍の介入を経験し、「コンゴ動乱」が始まる。1965年にモブツが軍事クーデターで大統領に就任し、以後31年間独裁。

②1996年、ローラン・カビラが反政府軍を指揮し、モブツ独裁政権を打倒、大統領に就任。(第一次コンゴ戦争)。ウガンダとルワンダはカビラの反政府軍を支援していた。

③カビラが外国勢力を排除し始めたため、今度はルワンダ、ウガンダ、ブルンジがコンゴに攻め入り、打倒カビラ政権で攻撃し始める。政府側はジンバブエ・アンゴラ・ナミビア・チャドなどの隣国に支援を呼びかけ。(第二次コンゴ戦争Deuxième guerre du Congo=アフリカの世界大戦Première Guerre continentale africaine)

④2002年にプレトリア包括和平合意が成立するも、キヴ紛争など現在も散発的な戦闘が続き、2008年には125万人以上が国内避難民に。


Republique Congo

国名:コンゴ共和国(République du Mali)
首都:ブラザヴィル(Brazzaville)
公用語:フランス語
宗教:キリスト教50%、アニミズム48%、イスラム教2%

大統領:ドニ・サスヌゲソ(Denis Sassou-Nguesso)


近現代史

主要政党


※このページは現在のコンゴ情勢を理解するための最低知識で、()内はフランス語表記です。歴史が動くたびに随時更新します。
スポンサーサイト

2001/01/01 (Mon) 00:00
アルジェリア基本情報

概要
Algérie
国名:アルジェリア民主人民共和国(République du Mali)
首都:アルジェ(Bamako)
公用語:アラビア語
宗教:99%イスラム教(ほとんどがスンナ派)

暫定大統領:アブデルアジズ・ブーテフリカ(Abdelaziz Bouteflika)
暫定首相:ジャンゴ・シソコ(Abdelmalek Sellal)

近代史

主要政党


※このページは現在のアルジェリア情勢を理解するための最低知識で、()内はフランス語表記です。歴史が動くたびに随時更新します。

2001/01/01 (Mon) 00:00
マリ基本情報

概要

Mali.png


国名:マリ共和国(République du Mali)
首都:バマコ(Bamako)
公用語:アラビア語
宗教:イスラム教(98%がスンナ派)

暫定大統領:ディオンクンダ・トラオレ(Dioncounda Traoré )
暫定首相:ジャンゴ・シソコ(Diango Cissoko)


現代史

①1960年、フランスから独立し、翌年にマリ共和国が誕生した。しかし独立によってトゥアレグ族が、マリ・アルジェリア・ニジェールの3国に分割されることになり、抗議の声が高まって抵抗運動がおこった。

②1968年にクーデターが発生し、軍事独裁体制に。その後民主化運動がおこり成功するも再びクーデターが起こり、1991年に暫定性が発足するまで軍事政権は続いた。

③マリ北部とニジェールではトゥアレグ族による独立運動が続いていたが、1996年に武装解除が行われた。しかし2012年にトゥアレグ族はアザワド解放民族運動(MNLA)を結成すると、イスラム主義組織と手を組んで、マリの北部各州を制圧。一方的にアザワド独立宣言を発表した。

④しかし徐々にイスラム主義集団とトゥアレグ族は対立するようになり、アザワドは事実上崩壊した。2013年にはイスラム勢力掃討を名目にフランスが軍事介入を開始し、アメリカやアフリカ周辺諸国も援護している。


主要政党

希望2002(Espoir 2002)
マリ民主同盟(Alliance pour la Démocratie)


※このページは現在のマリ情勢を理解するための最低知識で、()内はフランス語表記です。歴史が動くたびに随時更新します。

2001/01/01 (Mon) 00:00
チュニジア基本情報

概要

Tunisie.jpg

国名:チュニジア共和国(République tunisienne)
首都:チュニス(Tunis)
公用語:アラビア語
宗教:イスラム教(98%がスンナ派)

大統領:モンセフ・マルズキ(Moncef Marzouki)
首相:ハマディ・ジュバリ(Hamadi Jebali)


現代史

①1956年、フランスから独立したチュニジア王国が誕生。翌年ブルギーハが大統領制を採用してチュニジア共和国となり、憲法を制定した。社会主義を採用し、イスラムに対しては世俗的な改革を進めた。

②1970年に自由主義者のヌイラ首相が就任したが、チュニジア人武装組織に襲撃されて失脚。後を継いだムザーリー首相は一党制から複数多党制への移行を試みたが、民衆の食糧暴動などにより社会不安が高まり、解任された。

③新たに首相になったベンアリが1987年には大統領に就任し、憲法の改正と複数政党制の導入を行った。しかし議会選挙では与党が全議席を独占し、事実上の一党制は継続。湾岸危機ではイラクのフセイン政権を支持するも、、イスラーム主義組織は厳しく弾圧した。

④2010年末に起こったジャスミン革命により23年間のベンアリ政権による独裁が終了した。

⑤政権崩壊後、暫定政権が発足したが、野党代表が暗殺されたことで世俗主義とイスラム主義が対立、国内は分裂している。

主要政党

連立政権
アンナハダ(Ennahda):ムスリム同胞団が母体のイスラム穏健派与党。
共和国評議会(Congrès pour la République)

民主愛国運動(Mouvement des patriotes démocrates):左派で世俗派の野党。暗殺されたショクリ・ベルイード氏が指導者だった。


※このページは現在のチュニジア情勢を理解するための最低知識で、()内はフランス語表記です。歴史が動くたびに随時更新します。

2001/01/01 (Mon) 00:00
エジプト基本情報

概要

Egypte.png

国名:エジプト・アラブ共和国(République arabe d'Égypte)
首都:カイロ(Caire)
公用語:アラビア語(Arabe)
宗教:イスラム教90%(ほとんどがスンナ派)

大統領:ムハンマド・モルシ(Mohamed Morsi)
首相:ヒシャーム・カンディール(Hicham Qandil)


現代史

①1922年、イギリスがら独立したエジプト王国が成立。立憲君主制をひいて議会を設置するも、第一次中東戦争でイスラエルに敗北した上、ムスリム同胞団などのイスラム主義勢力が台頭して国内は混乱。軍がクーデターを起こす。

②1953年、共和制へと移行してエジプト共和国が成立。ナセル大統領が冷戦下にスエズ運河国有化を断行したことで第二次中東戦争が勃発した。これには勝利したが、第三次中東戦争では惨敗し、ナセル大統領は求心力を失った。

③1970年、エジプト・アラブ共和国と改称。後任となったサダト大統領はイスラエルとの融和を進めるも、逆にイスラム主義が勢力を伸ばすことになり、大統領自身もイスラム過激派に暗殺された。

④副大統領から昇格したムバラク大統領は、イスラム主義運動を徹底的に弾圧して国内の安定を図ろうとし、30年間独裁。しかし2011年にチュニジアのジャスミン革命に触発された民衆が暴動し辞任に追い込まれる。

⑤政権崩壊後、エジプト軍最高評議会が全権を掌握して憲法を停止。2012年末の大統領選挙でモルシ大統領が誕生するも、サッカー暴動事件や新憲法をめぐって国内は不安定な状態が続いている。


主要政党

自由公正党(Parti Liberté et Justice):現在の最大与党でイスラム系政党。ムバラク政権崩壊後、ムスリム同胞団が結成した。


※このページは現在のエジプト情勢を理解するための最低知識で、()内はフランス語表記です。歴史が動くたびに随時更新します。

| ホーム |

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。