--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013/07/10 (Wed) 21:12
サウジアラビア政府はラマダーンを遵守しない外国人を追放すると宣言

内務大臣のコミュニケによると、サウジアラビア当局は9日火曜日、水曜日から始まるラマダンの期間中に公共の場所で飲食や喫煙をする非ムスリムの外国人を追放すると発表した。

声明は以下の通り。
「国内に住む非ムスリムの住人たちは、通りや職場など公共の場で飲食や喫煙を出来ないイスラム教徒の気持ちを尊重しなければならない。違反者は仕事の契約が打ち切られたり、国外追放されるなどの処置の対象となる」

内務大臣によると、「会社や社会、そして個々人は自分の従業員にそのことを知らせなければならない」。

サウジアラビアはイスラムの中でも厳格な思想を持つワッハーブ派を採用しているが、2700万人の人口の内800万人が外国人で、その多くをアジア系が占めている。

参照記事:
http://www.lemonde.fr/societe/article/2013/07/09/l-arabie-saoudite-menace-d-expulser-les-etrangers-ne-respectant-pas-le-ramadan_3444946_3224.html
スポンサーサイト

2013/07/09 (Tue) 21:23
福島:放射性セシウムが高濃度で検出

福島原子力発電所の代表者は9日火曜日、原子炉と海の間に掘られた観測用井戸の中で、3日間で放射性セシウムの濃度が90倍に上昇したことを確認したとする声明を出した。この悪い知らせは再び汚染された地下水が拡散する懸念を引き起した。

8日に行われた観測によると、海から約25メートル離れた時点での地下水に、セシウム134が1リットル当たり9000ベクレル、セシウム137が18000ベクレル含まれていた。3日前のセシウム含有量は1リットル当たり99ベクレルと210ベクレルだったため、それぞれの濃度が約91倍、約86倍に急上昇したことになる。

参照記事:
http://www.lemonde.fr/japon/article/2013/07/09/fukushima-hausse-phenomenale-du-taux-de-cesium-radioactif_3444531_1492975.html

2013/07/07 (Sun) 21:51
サンフランシスコ航空機事故:パイロット教官はライセンスを取得したばかり

6日土曜日にサンフランシスコで航空機が着陸に失敗し2人の死者を出した事故で、ボーイング777-210便を操縦していたパイロットの教官はライセンスを取得したばかりであったことが、韓国のアシアナ航空の発表でわかった。アシアナ航空によると、Lee Jung-min教官は経験豊富なパイロットで、事故の約一か月前の教官のライセンスを取得したばかりだった。彼はLee Kang-kuk氏の指導担当であり、今回がこのタイプの航空機で初のサンフランシスコ着陸だった。

「これは異常なことではない。すべての教官に初指導の日は来る」とアシアナ航空のスポークスマンは強調する。アシアナ航空のYoon Young-doo社長は、パイロットも彼の指導官も「とても経験豊富で優秀だった」と擁護している。

サンフランシスコへの出発前にソウルで開かれた記者会見で、Yoon Young-doo社長は「事故の犠牲者たちに対して大きな責任を感じている」と話した。

参照記事:
http://www.lemonde.fr/ameriques/article/2013/07/09/crash-de-san-francisco-l-instructeur-du-pilote-venait-d-obtenir-sa-licence_3444534_3222.html

2013/07/05 (Fri) 18:23
ニコラ・サルコジ氏;憲法院を辞任

ニコラ・サルコジ前大統領は4日木曜日、AFP通信のコミュニケの中で、「発言の自由を取り戻すため」自身が所属する憲法院を「すぐに辞任する」と発表した。

憲法院は数時間前、サルコジ氏の2012年の大統領選挙キャンペーンに関する収支報告を拒否した。その結果、彼は選挙規範に記されている約1100万ユーロ分の費用払い戻しの権利を得られなかった。これは、かかった選挙費用の約47.5%にあたり、サルコジ氏は国庫に対して15万3000ユーロを返済しなければならないことになる。

ニコラ・サルコジ氏は1月10日、選挙運動収支報告及び政治資金全国委員会(CNCCFP)が彼の選挙予算を拒否したことに対して憲法院に訴えた。三か月以上、憲法院が指名した調査員らが、サルコジ氏による選挙キャンペーンの収支明細書を綿密に調べた。その中で数度にわたって、サルコジ氏の弁護士は必要な釈明や説明を求められていた。

結果、憲法院はCNCCFPがサルコジ氏の選挙キャンペーンの収支報告内容を拒否したのは妥当だという判断を下し、サルコジ氏の訴えを退けた。その代わり、サルコジ氏に対して

フィヨンとコペはサルコジ氏に資金援助をする意向

UMPは「憲法院の決定に対して行動を起こす。我々は判決理由書を検討するつもりだ」とジャン・フランソワ・コペ党首は話した。コペ氏は来週、「この決定内容に対して検討するために政治執行部を招集する」予定だ。

サルコジ政権時代の首相であるフランソワ・フィヨン氏もコミュニケの中で行動を起こす意向を示し、UMPの議員たちにサルコジ氏のために資金を援助するよう呼びかけた。

参照記事:
http://www.lemonde.fr/politique/article/2013/07/04/le-conseil-constitutionnel-rejette-les-comptes-de-campagne-de-sarkozy-en-2012_3442620_823448.html

2013/07/04 (Thu) 23:08
ボリビア:デモ隊がフランス大使館に抗議

数百人のデモ隊が水曜日、首都ラパスのフランス大使館に押し寄せ、フランス国旗に火をつけ石を投げつけた。フランスがエボ・モラレス大統領に対して飛行機で自国の空を通過することを拒否したためだ。

モラレス大統領を支持する団体に動員されて人々はフランスに抗議した。アメリカ政府がスパイ容疑で探しているEdward Snowden氏を乗せる可能性があるとして、火曜日にフランス、ポルトガル、イタリアがが一時的にボリビア大統領の自国上空での飛行を禁止したことに対する非難だ。

デモ隊はまず、大使館に石を投げいれ国旗を燃やし、フランス政府を非難するプラカードを掲げて怒りを爆発させた。警察がデモ隊を追い払った時に大使館の窓も割られた。

参照記事:
http://www.lemonde.fr/ameriques/article/2013/07/03/bolivie-des-manifestants-s-en-prennent-a-l-ambassade-de-france_3441382_3222.html

2013/07/03 (Wed) 20:19
エジプト:軍が憲法停止を通告、カイロで衝突し死者も

エジプト政府内で次々に要人が辞職していきモハメド・モルシ政権が不安定になっていく中で、軍は2日火曜日、
水曜日の夜に期限切れとなる最終通告が拒否されたとして軍の移動許可証を発行した。反対派は、2005年にノーベル平和賞を受賞したモハメド・エルバラダイ氏が政権意向に向けたシナリオを準備していると発表した。

カイロでは、火曜日にモルシ氏の支持派と反対派の間で衝突が起こった。軍がモルシ氏に対して「国民を満足させるため」の行動を起こすよう求めた最終通告の期限切れ前日に大規模なデモが行われたためだ。カイロ南部のGuizeh地区で起きたこの衝突による7人が死亡し、一部重傷者を含む十数人の負傷者を出した。カイロ近郊の他の地区でも同様の衝突が発生した。

エジプト軍は、もしモルシ大統領と反対派が最終通告の期限が切れる前に合意に足らなければ、憲法の停止と議会の解散、暫定評議会への権力移譲を行うと通告した。


参照記事:
http://www.lemonde.fr/afrique/article/2013/07/02/la-presidence-egyptienne-rejette-l-ultimatum-de-l-armee_3440080_3212.html

2013/07/01 (Mon) 20:44
エジプト、ムスリム同胞団の3つの失敗

アラブ諸国で最大の国エジプトは、民主主義の未来をかけて困難な時期に来ている。カイロや他の都市の大通りでは衝突が起こっており、内戦に発展する可能性もある。「世俗的な」エジプトは30日に日曜日、「ムスリム同胞団」と対立し、大統領宮殿を護るために軍隊が配置された。今後コントロール不可能な対立を引き起こす悪循環に陥るかもしれない。

エジプトの歴史上初めて民主的な選挙で選ばれたモハメド・モルシ大統領はムスリム同胞団出身。2012年6月に大統領に就任したが、その評価は良いとは言えない。まずは政治の失敗だ。ある大学教授は国を治めるのに必要なリーダシップ能力がモルシ氏には欠けていると指摘してる。

次は経済的な失敗と社会的な失敗だ。国の経済状況は混沌とした政治状況を反映している。ムスリム同胞団に経済的なプログラムや管理に関する知識が欠如しているのだ。反対派政党は連合し、世俗陣営を形成している。その大部分が旧政権時に権力を持っていた政党で、国民の不満を吸い上げようとしている。彼らは数百万人の有権者から署名を集め、モルシ氏の辞任と早期の再選挙を要求している。

参照記事:
http://www.lemonde.fr/idees/article/2013/06/29/egypte-le-triple-echec-des-freres-musulmans_3438924_3232.html

| ホーム |

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。