--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013/08/01 (Thu) 21:47
エジプト:外交的抑圧の中でも軍は閉鎖的

エジプト政府は31日水曜日、数週間前から続いているムスリム同胞団による座り込み運動を国家の安全を脅かすものと見なし、運動を終わらせるために介入することを宣言した。イスラム教徒らは宣言を受けて抗議運動を続けるよう呼びかけた。

「Rabaa Al-Adawiya広場で危険な状況が続くことは、これ以上許容できない」と政府は宣言し、内務大臣に法の許す範囲であらゆる必要な措置をとるように命じた。

モハメド・モルシ氏の属するスリム同胞団はカイロのいくつかの場所で座り込み運動を行い、7月3日に軍によって拘束されたモルシ氏が大統領に復帰するまで運動を続けると発表した。しかしながら、モルシ陣営の運動は足踏み状態にあることが火曜日に明らかになった。イスラム教徒が「百万人」に呼びかけたデモ行進に参加したのは、わずか数千人だったのだ。

フランスなどのヨーロッパ諸国がモルシ前大統領を含む政治収容犯の解放を呼びかけた翌日、エジプト政府はムスリム同胞団の最高指導者Mohammed Badieと二人の幹部を暴動を煽動した罪で起訴した。Badie氏は「殺人の誘発」の罪で裁判にかけられる予定だ。

参照記事:
http://www.lemonde.fr/afrique/article/2013/07/31/egypte-l-armee-menace-de-disperser-les-sit-in-pro-morsi_3455935_3212.html



スポンサーサイト

| ホーム |

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。