--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013/10/11 (Fri) 15:12
La salle de shoot

今日のLe Monde
一面
・Fillon, Sarkozy,Juppe、UMPが党首争いで分裂
・リビアの首相が誘拐される
・「麻薬注射の部屋」法案が否決される
・教育改革に新たな改正案

国際面
・EUがトルコ国内での対立に困惑
  ブリュッセルがトルコのEU加盟に策を探す
・シリアで二人のフランス人ジャーナリストが誘拐されたことを確認
  6月22日にNikolas HeninとPierre Torresgaがラッカでジハーディストに誘拐されていた
・トリポリでリビア首相が武装集団に誘拐される
  アメリカがリビアでアルカイダの男を捕まえた5日後に起こったアリ・ジダン首相の拉致
・福島:打開者の地獄
  汚染除去を担当する者たちへの待遇の悪さ
・アメリカで強制的に給食させらている公務員たちの苦痛
  約50万人から60万人の公務員が「シャットダウンのために自宅待機

国内面
・フランソワ・フィヨン、分裂あるいは融合の戦略
  ニコラ・サルコジ氏に立ち向かうため、フィヨン氏はリスクを負う
・官僚は世襲財産を申告することが義務に
・国務院で「麻薬注射の部屋」の解説が再び問題に←PICK UP
・小学校改革案10年かけた3度目の修正
・裁判官はBernard Tapie氏が警察から逃げようとしていた疑いをかける


La Salle de shoot
日本ではあまり聞かない、「Salle de Shoot」。一言でいうと、麻薬注射の認可を受けた公的施設で、スイスなどではすでに存在しています。その施設では、医師の監視管理の下、麻薬常用者に滅菌針を渡して、薬物の使用を許します。議論を呼んでいましたが、麻薬患者による犯罪等を避けるために、仏国鉄の土地を借りて、パリ北駅の近くにプレハブの2000平米の施設を設けることをパリ10区の区長が今年6月に発表しました。
それが今日の記事によると、フランスの国務院Conseil d'Etat(行政訴訟における最高裁判所)がこの施設の建設を否決したそう。
スポンサーサイト

2013/10/09 (Wed) 23:08
今日のLe Monde

一面
・舞台監督Patrice Chereau死去
・ベタンクール事件 ニコラ・サルコジ不起訴に
・映画「La Vie d'Adele」論争をしのぐ美しさ

国際面
・難民の殺到に動じないヨーロッパ
・移民船沈没事故「沈没は最近の出来事だが、人がたくさん死ぬのは昔から」
・アメリカのシャットダウン ジョン・ベイナー下院議長
・ロシア:グリーンピース活動家逮捕に批判

フランス
・政府が付加税を二倍に

2013/10/08 (Tue) 16:25
今日のLe Monde

一面
・チュニジア イスラム主義政党が退陣準備
・ランペドゥーサ島移民船沈没事故 自己責任論(Chacun pour soi)の崩壊
・若者が将来仕事に対して描く希望

国際面
・アメリカが捕らえたアルカイダの人物像
  アメリカ兵が土曜日にトリポリでAbou Anas Al-Libiを確保、リビアで初の軍事作戦
・チュニジアで、イスラム政党が退陣
・ランペドゥーサの悲劇の後、住民や政府はヨーロッパに改善を呼びかけ
・アイルランド政府、上院廃止案が否決される
・カイロ、ムスリム同胞団と反モルシ派との間で対立、死者も
  1973年の第四次中東戦争の40周年記念の中で少なくとも50人の死者
・アフガニスタン、カルザイ大統領の後継に29人が立候補
・モスクワで、大規模な聖火リレーが開始

国内面
・年金改革、政府は足踏み
・フランソワ・フィヨン、サルコジ氏と勝負に
・FN党の党首がBrignoles県で選挙活動を開始
・Corbeil、ダッソー氏の裏金で道を踏み外した人たち
  新たな証言で1995年から2009年にCorbeil市長だったダッソー氏が票を買っていたシステムの存在が明らかに

2013/10/07 (Mon) 23:23
今日のフィガロ

一面
・ロマ問題 バルカン半島で、ヨーロッパの助けを失ったとき
・司法 トビラ氏の改革はフランス人を説得できず

国内面
・司法改革に懐疑の声
 3分の2のフランス人が量刑の下限(peines planchers)廃止に反対
・マニュエル・ヴァルズ氏がアンチFN党の人々に呼びかけ
・FN党首のマリ・ル・ペンがBrachayで呼びかけ
  人口65人の農村で支持を集める
・UMP党フィヨン氏が自由を求める
  日曜紙(JDD)のインタビューでサルコジ氏との対立を認める

国際面
・アメリカがアルカイダ討伐のためリビアとソマリアに進撃
・アルカイダ幹部Abou Anas Al-Libiに対する長い追跡
・カイロ、タハリール広場で再び暴動
  失脚したモルシ前大統領の支持者と反対者の間で対立、少なくとも28人が死亡
・シナイ半島が不安定化、テロリストの標的に
・チュニジアのイスラム政権が退陣することで合意
・ポスト・カルザイに20人の立候補者
  アフガニスタンで来年4月5日に行われる大統領選挙に向けて

社会面
・ヴァンドーム広場で強盗事件、軽率な犯人たち
 5人の容疑者を確保、彼らが残した多くの手がかり
・UIMM(金属産業経営者連)のトップDenis Gauier氏の裏金

2013/10/02 (Wed) 07:21

来週からパリのジャーナリズム大学院で授業が始まります。その練習もかねて、今日からフランス語でブログを書いていきます。

Je vais écire ce blog en français à partir du aujourd'hui pour améliorer mon français!

Roms
Les Roms provoquent toujours la polémique en Europe et en France. En juillet, le député-maire, Gilles Bourdouleix a déclaré "Comme quoi, Hitler n'en a peut-être pas tué assez" Et il y a une semaine, le ministre de l'intérieur, Manuel Valls a affirmé que les "modes de vie extrêmement différents des nôtres". Mais sont-ils vraiment différents et méritent d’être expulser?
Je crois qu’il y a deux points à considérer sur le problèmes de Roms. Beaucoup de gens ont l’idée que tous les Roms sont tous des voleurs. A certains égards, c’est correct. Mais bien sur, tous les Roms ne sont pas des voleurs. En outre, ils (surtout des enfants ) sont obligé de voler dans l'environnement dur. Je suis né au Japon, mais il y avait possibilité que je suis né en France en tant qu'un fils d’une famille Rom. On dois imaginer si je suis Roms si je n’ai pas de choix sauf le vol pour survivre... On ne peut pas accuser des enfants. Ils ne peuvent pas choisir son environnement de ses vies.
Et une autre cause, a coté de Roms, ils ont l’air de ne faire pas assez d’effort pour améliorer son niveau de vie. Par exemple, le gouvernement suisse, il ont construit des écoles pour des enfants de roms mais ses parents ont refusé de faire leur y aller.
Il est très difficile de changer cette situation mais il ne faut pas laisser ce problème. On doit chercher un moyen d'encourager les Roms à changer sa situation à lui même.

| ホーム |

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。