--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013/05/05 (Sun) 17:06
バングラデシュビル崩壊事故、建物はオフィス用で工場用でない

バングラデシュで4月末に崩壊し、610人もの死者を出した建物は、縫製工場ではなく商業施設や事務所のために着想された建物だと、建築家のMasood Reza氏が明らかにした。建築家であり大学教授としても知られるReza氏は、「ラナ・プラザ」の2004年の元々の構想計画では、9階建てではなく6階建ての建物だったと話している。

「私たちがこの建物を構想したとき、所有者とディベロッパーは縫製工場に耐えられる床にしなければならないとは言わなかった」と42歳のReza氏は話す。「もし事前にそう伝えられていたら、建物の構造は変わっていたし、より頑丈なものになっていたはずだ」「私たちは地下一階を含む6階建てのビルを構想していた。下の3階は商業施設で、残りはオフィスが入るビルだ。建物を増築するなど問題外だ」と、彼は付け加えた。

参照記事:
http://www.lemonde.fr/asie-pacifique/article/2013/05/05/l-immeuble-effondre-au-bangladesh-etait-cense-abriter-des-bureaux-pas-des-usines_3171173_3216.html
スポンサーサイト

<< 物理学者Stephen Hawkingが、イスラエルの学術ボイコットを支持 | ホーム | アメリカの報告書がフランスを「暴力的なライシテ」と批判 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。