--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013/05/13 (Mon) 17:48
レ・ミゼラブル:コゼット→ルビー、ジャン・ヴァルジャン→ベルルスコーニ

ベルルスコーニ氏は無実。13日月曜日、ルビーを買春した事件に関して彼はミラノの裁判官に裁かれることになっている。しかしCanale5の「20年続いた裁判の戦い。ルビーが最後の幕」と命名された番組の後、多くの視聴者は彼の無実を主張した。番組の中でベルルスコーニ氏は寛容で少し抜けており、人助けが好きな人物として伝えられ裁判の問題点を提示しているが、現実では買春の罪で3年、権力乱用の罪で12年の求刑を受ける可能性がある。

富と権力が成せるテレビの奇跡。2時間のプライムタイムの中で元首相は弁解を行った。この弁解は裁判官の判決を
変えることはないが、世論を動かすための力は絶大だ。

シルヴィオ・ベルルスコーニ氏は、脱税(メディアセット事件)で下された禁固4年の罪を多くのイタリア人が許してくれるだろうと考えている。秘密を漏えいしたとして(UNIPOL事件)懲役一年を受けたときと同様だ。おそらく国民は、上院議員の汚職のためナポリの検事の解雇を要求した件に関しても見逃してくれるだろう。しかし未成年の買春はどうか。

Canale5の再現で、ルビーは大統領のパートナーとなるため、売春によって成功の階段を駆け上っていく女性としては紹介されなかった。彼女はモロッコで生まれ、シチリアで育ち、その島と家族に別れを告げてミラノで成功するために努力をした現代版コゼットだ。ベルルスコーニは、2010年5月に軽犯罪で捕まったルビーを「ムバラク大統領の姪だ」と嘘をついてミラノの警察から解放しただけの男ではない。彼はジャン・ヴァルジャンだ。彼がエステをの開業資金として57000ユーロを彼女に与えようとしたのは、彼女が首相官邸での一夜と年齢が17歳であることを警察に話すことを恐れたからではなく、その寛容さからなのである。

参照記事:
http://www.lemonde.fr/idees/article/2013/05/13/ruby-en-cosette-et-berlusconi-en-jean-valjean-miserable_3176376_3232.html?xtmc=berlusconi&xtcr=2
スポンサーサイト

<< FAOが虫の養殖と消費を推奨 | ホーム | シリアは政府トルコでのテロを否定、9人の容疑者が逮捕 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。