--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013/05/08 (Wed) 13:03
物理学者Stephen Hawkingが、イスラエルの学術ボイコットを支持

国際的に有名な人物がイスラエルの学術分野でのボイコットに公式に賛同したと、8日水曜日、ガーディアン紙が報じた。71歳のイギリスの有名物理学者Stephen Hawking氏だ。BDS(イスラエルが人権を遵守するようになるまで、イスラエルをボイコットし、イスラエルに関連する企業や事業に投資した資本を引き上げ、イスラエルに対する制裁措置を求めていく活動)の推進者たちは、彼の決定は我々の勝利を意味するものと捉えている。

イスラエルのパレスチナに対する対応に抗議するため、ケンブリッジ大学で数学を教えているHawking氏は先週イスラエルのシモン・ペレス大統領に手紙を送った。大統領が6月に主催する会議へ出席しない意向を伝えるためだ。Hawing氏は以前、ぺレス大統領の「明日に立ち向かえ2013」と名付けられた会議の招待を受けていた。その会議にはビル・クリントン元アメリカ大統領やトニー・ブレア元イギリス首相、さらに歌手のバーブラ・ストライサンドなどの著名人も出席する予定だ。今年は偶然にもぺレス大統領の90歳の祝賀にも重なるため、大統領にとって彼の欠席は屈辱的となる。

彼が賛同した声明の中で、ボイコットに賛同しパレスチナ領土の占領に反対しているパレスチナ大学のためのイギリス委員会(CBPU)は、「彼の決断は、パレスチナに関する知識と学術連絡先の全員一致の助言に基づき、ボイコットを尊重するためのものだ」と述べている。一方で、Hawking氏が1962年から勤務するイギリスのケンブリッジ大学では、今回の欠席を「健康上の問題」としている。筋萎縮性側索硬化症のため、飛行機に乗るのを控えるよう医者から指示があったという名目だ。

参照記事:
http://www.lemonde.fr/proche-orient/article/2013/05/08/le-physicien-stephen-hawking-soutient-le-boycott-academique-d-israel_3173677_3218.html
スポンサーサイト

<< クリーブランド監禁事件:警察が調査開始 | ホーム | バングラデシュビル崩壊事故、建物はオフィス用で工場用でない >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。