--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013/05/20 (Mon) 22:44
マリーヌ・ル・ペン:私たちが政権を握る日は近い

国民戦線党首(FN)のマリーヌ・ル・ペン氏は19日日曜日、France5の番組「C politique」の中で「私たちが政権を握る日は近い」と話した。「私たちの政治分析によると、日を追うごとにフランス国民達が国民運動連合(UMP)や社会党(SP)の政治から脱却し、他の選択肢もあるということを理解し始めている」と彼女は主張した。

「オワーズ県での選挙(この議員選挙(FNはUMPに僅差で敗北した)では、UMPとSPは自らの議席を確保することしか考えていないということが証明された。私は有権者と現在の政治体系の間には大きな隔たりがあるように感じており、それこそが、私たちが政権を握る日が近づいていると考える理由だ」と彼女は人々に言葉を投げかけた。

マリーヌ・ル・ペン氏は「フランス国民は今、40年間続いてきた政治が悪しきものだったと確信している。人々は不満を感じている」「そこで、いくつかのテーマ、特にヨーロッパの未来やユーロ危機に関して私たちが動く時だ。今こそ、私たちがこの悪しき政治構造に変わって、新たな策を提示できると人々に示さなければならない」と締めくくった。

参照記事:
http://www.lemonde.fr/politique/article/2013/05/19/marine-le-pen-chaque-jour-qui-passe-nous-rapproche-du-pouvoir_3359619_823448.html
スポンサーサイト

<< ナイジェリア:ボコ・ハラムに対して攻撃を継続 | ホーム | チュニジア:警察と衝突の末200人のサラフ主義者を逮捕、死者も >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。