--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013/05/24 (Fri) 23:33
ニジェール:ベルモフタール氏が犯行を認める

アルジェリアのジハーディストMokhtar Belmokhtar氏が、木曜にニジェール軍とフランスの原子力企業アレバに対して起きた二度の自爆テロを指令したと、彼のグループのスポークスマンが話した。アルカイダ系組織「Les Signataires par le sang(血の署名者)」は、「もしマリから軍隊を退却させなければ、戦闘の場をニジェールに移す」と脅迫しており、フランスとマリの軍事介入にかかわるすべての国も脅している。

「Les Signataires par le sang」はコミュニケの中で、20数人の死者を出した木曜日の二つのテロは「ニジェール大統領のジハーディストをすべて殺害したという宣言に対する最初の答えだ」と述べている。

参照記事:
http://www.lemonde.fr/afrique/article/2013/05/24/niger-belmokhtar-aurait-supervise-lui-meme-les-attaques_3416658_3212.html
スポンサーサイト

<< アフリカ連合が発足50周年を祝福 | ホーム | ロンドン殺人事件:「イギリスに対する攻撃」「イスラム教への裏切り」 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。