--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013/06/04 (Tue) 11:25
無人機:パキスタンがアメリカと対立

国のトップに選ばれたナワズ・シャリフ首相が国民議会の前で初演説を行い、アメリカ無人機による攻撃の終結を要求した。「我々は他国の主権を尊重している。彼らも我々の独立を尊重すべきだ。この戦いを終わらせなければならない」。アメリカの無人機が、パキスタンにいるアルカイダやタリバンのイスラム主義勢力に対して定期的に攻撃を行っていることに触れて、シャリフ首相はこう話した。63歳のシャリフ氏はその日の午後、Asif Ali Zardari大統領の前で宣誓を行う予定だ。

2001年末からイスラム主義集団の隠れ蓑となっているパキスタン北西部で、アメリカ無人機は2004年から攻撃を開始し、2008年から攻撃は激しさを増している。オバマ大統領の軍事政策に関する要の一つとなったためだ。

2008年8月から無人機は約300発の爆弾を投下し、2000人以上が死亡した。

参照記事:
http://www.lemonde.fr/asie-pacifique/article/2013/06/05/drones-le-pakistan-engage-un-bras-de-fer-avec-washington_3424490_3216.html
スポンサーサイト

<< トルコ:労働組合の呼びかけでタクシム広場は人だかりに | ホーム | ロンドンでニコラ・サルコジ氏が政界へ戻る準備が出来ているとほのめかす >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。