--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013/01/07 (Mon) 21:18
2012年の重大出来事

1月
共有サイトMegauploadが閉鎖され、Freeが電話提供のサービスを開始するというデジタル関連の記事が多かった。

2月
フランソワオランド氏がミッテランという切り札に賭け、映画「The Artist」がオスカーの最高賞を受賞。ホイットニー・ヒューストンが亡くなった。

3月
トゥールーズの殺人事件によって、大統領選挙が休止。しかしニコラサルコジとフランソワオランドはすでに第二回投票に進むことを確信していた。また、iPad3の発売が待ち望まれた。

4月
大統領選挙のニュースばかりだった。


5月
フランソワオランドがすべてのフランス人にとっての大統領となり、ようやくG8や小学校の週4日制の終了など他の話題も出るようになった。

6月
国民議会が3陣営をつくりだし、フランスチームはユーロ圏の中で目立った活躍をしなかった。

7月
ヒックズ粒子が発見されたが、それゆえにソーラーパネルの販売問題が発生した。


8月
世界中の人々にとってのバカンスの月だった。毎日、オリンピックや火星探査機Curiosityの記事が独占していた。


9月
フランスが300万人の失業者という危機から脱し、アメリカは大統領選挙によって同様の道をたどった。


10月
ヨーロッパがノーベル平和賞を受賞。フェイスブックが10億人の会員数に達し、マイクロソフトがWindowsの最新版を発売した。

11月
アメリカでオバマが再選された。フランスは方向転換を始め、国民運動連合(UMP)は党首を選出した。


12月
年の終わりであり、マヤ歴による世界の終わりでもあった。
スポンサーサイト

<< パリがアサド氏の「現実否認」を非難 | ホーム | カメルーン:5年の有罪判決を受けていた二人の同性愛者が無罪に >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。