--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013/06/17 (Mon) 18:52
文化的例外:バローゾ委員長の発言がひんしゅくを買う

欧州委員会のジョゼ・マヌエル・バローゾ委員長は17日月曜日、アメリカとの自由貿易交渉に関してフランスが視聴覚部門を対象から外すよう求めていることに対して強く非難した。「反グローバル的で反動的だ」とバローゾ委員長は'International Herald Tribune紙の会談の中で述べた。

バローゾ氏は同様に文化的多様性を保護を保護することには賛成だが、ヨーロッパ全体の足を引っ張ってはならないとしている。さらに彼は「文化的例外を擁護している一部の人々は左派だと主張しているが、実際は極めて反動的だ」と主張した。

この発言に対して、フランソワ・オランド氏はジョゼ・マヌエル・バローゾ委員長が文化的例外の擁護を理由にフランスを「反動的だ」と述べたことについて「信じたくない」と話した。

Aurélie Filippetti文化大臣も同様に、バローゾ氏の発言を非難した。「この発言には唖然とする。受け入れられない。一部の人間は私たちを反動的だとみなしている。彼らはこの戦いにおいてフランスが一人ではないことを思い出さなければならない」と彼女は話し、「私たちの立場は、消極的なものでも、保守的なものでも、ましてや反動的なものでもない。断固として現代的な立場だ」とさらに主張した。

13時間の連続した交渉の後、貿易を担当しているヨーロッパの大臣らは金曜の夜、欧州委員会がアメリカと新たな自由貿易協定を結ぶ交渉に入ることに対してゴーサインを出した。

参照記事:
http://www.lemonde.fr/europe/article/2013/06/17/libre-echange-barroso-qualifie-de-reactionnaire-la-position-de-paris_3431274_3214.html
スポンサーサイト

<< ワールドカップが近づくブラジルで物価高の生活に対してデモ | ホーム | エルドアン首相は支持者を集め、労働組合はストライキを呼びかける >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。