--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013/06/20 (Thu) 00:50
10人の議員が怒りの呼びかけ:社会党が「偽善行為」と非難

公生活の透明性に関して国会で討論が行われている中、20日付のLe Nouvel Observateur紙の中で、10人の議員が反対の立場を表明するために発言を行った。彼らは「特権を廃止」し、政府の計画の欠陥を批判するよう一部の議員に帯びかけている。

彼らの呼びかけは水曜日、Claude Bartolone国民議会議長の怒りを買った。「これらの議員にうんざりし始めている。私は何か言いたいことがあるのなら、自分のグループの党首に直接連絡を取るよう彼らに言っている」とBertolene氏は怒って叫んだ。

彼は社会党員としてもコミュニケの中でこの呼びかけに対して不満をあらわにした。「これらはジャーナリストによって個人的に集められたばらばらな提案に過ぎず、集合的な性質をもたない偽善行為だ」とBartolone氏は非難している。

コミュニケによると、すでに行われている政府予算の削減や7月に審議が予定されている兼任の終わりに関する法案など、彼らが提案していることの大部分はすでに「実行中」だ。


参照記事:
http://www.lemonde.fr/politique/article/2013/06/19/dix-deputes-proposent-leurs-solutions-pour-moraliser-la-vie-politique_3432716_823448.html
スポンサーサイト

<< エルサレム:警備員が嘆きの壁を訪れたユダヤ人を殺害 | ホーム | 同性婚反対の男性、禁錮2か月 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。