--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013/01/09 (Wed) 23:11
中央アフリカでBozizé大統領が紛争調停者のコンゴ大統領と会談

中央アフリカ大統領François Bozizéは1月7日月曜日にコンゴ大統領Denis Sassou-Nguessoとの会談のため、コンゴの首都ブラザヴィルに到着した。Danies大統領は中央アフリカ政府と、12月10日に武装蜂起し国の大部分を制圧している反乱軍セレカの調停を請け負うことになっている。

代表団は月曜日に、ガボンの首都リーブルヴィルに到着する到着する。大統領側近の情報によると、交渉が開始された後で、中央アフリカ大統領はリーブルヴィルに合流することになっている。当初、話し合いは火曜日に開始される予定だった。

しかし、セレカのスポークスマンEric Massiは話し合いに参加するために準備は出来たと表明しながらも準備をより入念に行うため、日曜日への延期を望んだ。彼は2003年にBozizé氏が大統領に就任して以来、同氏の辞任を要求し続けている。Massi氏はさらに、反乱軍の指導者Michel Djotiodiaがリーブルヴィルへと出発したと話した。

危機からの脱出案

中央アフリカの行政区画大臣で、15人から成る代表団の一人であるJosué Binouaによると「危機からの脱出案」はSassou-Nguesso氏が指揮する委員会の手にゆだねられている。

Binoua氏によると、中央アフリカ当局の代表団は特に、すでに反政府派との間で話し合いの行われた「軍の改革、経済刺激政策、そして新たな選挙規範の適用」を提案するつもりだ。

政府によると、反乱軍セレカは土曜日、新たに二つの町を制圧した。一つはダマラから12km離れた所に、もう一つは中央アフリカ多国籍部隊(Fomac)の駐在する首都バンギから北に75km離れた場所に位置する町である。

参照記事:
http://www.lemonde.fr/afrique/article/2013/01/07/bozize-rencontre-le-president-congolais-mediateur-du-conflit-en-centrafrique_1813697_3212.html
スポンサーサイト

<< アメリカの前知事とグーグル会長が北朝鮮を訪問 | ホーム | パリがアサド氏の「現実否認」を非難 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。