--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013/09/29 (Sun) 17:08
日曜労働:政府は対策に足踏み

日曜日の労働に関して、CastoramaとLeroy Merlinの2つの店がイル・ド・フランス内の店舗で禁止されているにも関わらず営業を行っている。このことが右派と同様、左派の間でも大きな議論を引き起こしている。

木曜日、Bobignyの商事裁判所が日曜の営業を禁止する通達を行ったことで、パリのいくつかの店が日曜の開店をやめることとなった。これに違反すると、一店舗、一日につき約12000ユーロの罰金が生じる。

参照記事:
http://www.lemonde.fr/emploi/article/2013/09/30/travail-dominical-royal-prone-la-souplesse-nkm-comprend-l-exasperation_3486922_1698637.html
スポンサーサイト

<< ケニア襲撃事件:39人は未だ安否不明 | ホーム | ギリシャのネオナチ政党で大量の逮捕者 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。