--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013/02/05 (Tue) 13:04
国民議会で、与党が時間短縮のためすべての人に対する結婚の審議を可決

今週末に約30時間かけて行われた審議の後、与党議員は2月4日月曜日、審議の時間を短縮するため、同性間を含むすべての人々に対して結婚の権利を認める法律の第3条を可決した。この手続きは現在議会における多数派の挙手によって可決された。

これは委員会の代表で社会党議員のJean-Jacques Urvoasが議員たちに態度を明らかにすりょう指導した結果だ。「私はこの条文が重要でないと言う反対派に訴える」とフィニステール県の議員は述べた。

反対派は一度養子となった子供たちの名前に関する条文について議論するために40人の発言者を登録していた。反対派はこの一つの条文に対し、120もの修正案を提出した。

少しの間審理を中断した後、議論は再開された。


参照記事:
http://www.lemonde.fr/societe/article/2013/02/04/a-l-assemblee-la-majorite-vote-pour-ecourter-les-debats-sur-le-mariage-pour-tous_1827036_3224.html
スポンサーサイト

<< 南アフリカでのホオジロザメ捕獲で初の有罪判決 | ホーム | イギリスで議会が同性婚法案を可決 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。