--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013/01/21 (Mon) 16:11
アルジェリア:37人の外国人人質と1人のアルジェリア人が殺害される

アルジェリア南東部イナメナスのガス関連施設でイスラム武装勢力に人質にとられれていた、8つの様々な国籍を持つ37人の外国人が殺害されたと、1月21日にアルジェリア首相のアブデルマレク・セラル氏が伝えた。一人のアルジェリア人も同様に攻撃の最中に死亡した。最初の公式報告では土曜日の晩に複数の外国人とアルジェリア人を含む23人が殺害されたとのことだった。彼らの多くは頭に銃弾を受けて死亡した。

首相による仮報告では、犠牲者の国籍について詳しい説明がなかった。37人の遺体のうち7人が身元不明で、5人の外国人は攻撃後も未だ行方不明だ。

死亡が確認された人質はフランス人が1人、アメリカ人が3人、ルーマニア人が2人、イギリス人が3人、フィリピン人が6人で日本人が9人である。ノルウェーは5人、マレーシアは2人、マニラは4人の自国民と連絡が取れないとしており、当局はさらに3人のイギリス人と1人のコロンビア人も死亡したのではないかとしている。

参照記事:
http://www.lemonde.fr/afrique/article/2013/01/21/algerie-37-otages-etrangers-et-un-algerien-ont-ete-tues_1820135_3212.html
スポンサーサイト

<< ギリシャ統計局が国の赤字を膨らませた疑い | ホーム | アルジェリア:41人の西洋人がガス施設で人質に取られる >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。