--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012/12/23 (Sun) 15:12
ベネディクト16世が同性婚に対して戦うようカトリック教徒に呼びかけ

2012年12月21日、ローマ聖庁での誓いの儀に際し、社会討論で教会の動員が増えているという文脈の中で、ベネディクト16世は同性婚に対して強い対決姿勢を示した。教皇は演説の中で、父親、母親、そして子供から成る家族が、「人類自身」に悪影響を与えるある変化によって脅威にさらされるとし、共に戦うよう呼びかけた。

強硬派演説の中で同性愛者という言葉は直接持ち出していないが、フランスやアメリカ、その他の国々における同性婚や養子の合法化を明らかに意図して話している。これらの問題に対してバチカンの姿勢は以前から変わっていないものの、そのトーンは増している。10月に教皇が宣言した「信仰年(2012年10月11日~2013年11月24日)」は倫理の問題に対する戦闘準備の機会になりそうだ。

12月18日に、フランスでは同性婚に反対するカトリック教徒たちによる大規模なデモが行われた。同様の集会は1月13日にも予定されている。


参照記事:
http://www.lemonde.fr/societe/article/2012/12/21/benoit-xvi-appelle-les-catholiques-a-la-lutte-contre-le-mariage-gay_1809625_3224.html
スポンサーサイト

<< エジプト:憲法をイスラム教徒が支持、反対派は抗議 | ホーム | NATOがシリアのスカッドミサイルを再び探知 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。