--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013/01/04 (Fri) 19:19
コンゴ民主共和国:M23の軍が到着

数か月間、国の東部でコンゴ民主共和国(RDC)の軍と戦闘をしてきたコンゴ反乱軍M23の代表団が、首都キンシャサの政権と交渉するためにウガンダの首都カンパラに到着したと、反乱軍のスポークスマンが伝えた。しかしながら、この話し合いが開始される正確な日程は未定だ。M23のスポークスマンBertrand Bisimwaは「代表団がカンパラに到着した」と話した。M23は北キヴ州の豊かな鉱山地帯で4月からRDC軍と衝突している反乱グループだ。「我々は調停交渉計画の準備ができている」。

この話し合いは、12月1日に反乱軍が十数日間占領していた北キヴ州の州都ゴマから撤退する交換条件として、ウガンダの首都で行われることになった。話し合いの場は、調停のためアフリカ大湖沼の周辺国を代表してウガンダによって用意された。反乱軍M23は以前の反政府組織メンバーを母体とするコンゴのツチ族たちから成る。本人達は否定しているが、ルワンダとウガンダが彼らを支援しているとして、キンシャサ(コンゴ民主共和国政府)と国連は非難している。彼らは2009年3月23日に調印された平和協定の後にRDCの軍に統合された。これがM23(3月23日運動)の由来だ。

彼らはキンシャサが階級の保障と土地の割り当てを記したこの協定を履行しなかかっため、再び反乱行動に出た。最近になって、M23はRDCのジョゼフ・カビラ大統領の正当性を再び問題にしだし、政治的要求を交渉リストに加えた。今日、ウガンダの防衛大臣のスポークスマンPaddy Ankundaは、交渉を明日にでも再開できるとほのめかした。

「M23は今日カンパラに着き、政府の代表団もすでにここにいる」と彼は話す。「我々は明日重要なことが起こると期待している」。
12月にM23と政府当局は、話し合おうと試みて一度カンパラに集まった。しかし話し合いは非常に困難で、一つの問題も議論することなく、手続きだけで終わってしまった。

参照記事:
http://www.lefigaro.fr/flash-actu/2013/01/04/97001-20130104FILWWW00443-rdc-arrivee-des-rebelles-du-m23.php
スポンサーサイト

<< カメルーン:5年の有罪判決を受けていた二人の同性愛者が無罪に | ホーム | 議会選挙のためネタニヤフが右寄りの選挙運動を開始 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。