--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013/02/23 (Sat) 12:15
アメリカでコネチカット州が武器の所持制限を提案

アメリカのニュータウンでの悲劇から2か月が経ち、コネチカット州のDannel Malloy知事は2月21日木曜日、銃犯罪を減らすために一連の措置を取ると提案し、「行動する時が来た」と話した。

Malloy氏が提案した措置は、バラク・オバマ氏の提案といくつか重なっている。大統領は12月にニュータウンの小学校で20人の子どもと6人の大人が犠牲になった事件の後で、武器による犯罪を減らすために法的措置について着手し始めた。

Malloy知事は、「少なくとも一つの軍事的構成要素をを含む半自動式の武器」の定義に当てはまる、すべての攻撃用銃を禁止、「事情がどうであれ」全ての武器購入者の確認、10弾以上の装填の禁止、そして許可証の必要な武器の数の拡大を求めている。法律を発行させるためにこれらの措置はコネチカット州の下院と上院で承認されなければならない。

"何もしないこと"のために払わなければならない倫理的代価

Malloy氏がこれを発表したときに、副大統領のJoe Biden氏もコネチカット州にいた。彼はより厳しい銃の流通規制に反対する議員たちを警戒している。

「"何もしないこと"のために払わなければならない倫理的代価があることを知らなければならない」と、下院で多数派である共和党議員と数人の民主党議員、そしてオバマ大統領の提案に敵意を見せている全米ライフル協会(NRA)の圧力団体に呼びかけた。ニューヨーク州はすでにニュートン事件の後で武器の所持を制限する法案を可決しており、ニュージャージー州もう同様の準備をしている。

アメリカの大統領は国家規模で、1994年から2004年にかけて存在していた「攻撃用銃規制法」を復活させ、10弾以上の装填を禁止しようとしている。「もし否決したいのならしてもいい、それはあなたの選択だ。しかしこの提案は可決する価値がある」とオバマ氏は2月12日に、国家演説の中で主張した。

参照記事:
http://www.lemonde.fr/ameriques/article/2013/02/21/aux-etats-unis-le-connecticut-veut-a-son-tour-restreindre-le-port-d-arme_1836776_3222.html
スポンサーサイト

<< タイタンの社長がモントブール大臣に反論 | ホーム | イラン:新たな遠心分離機を設置、国際的な怒りを買う >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。