--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2001/01/01 (Mon) 00:00
チュニジア基本情報

概要

Tunisie.jpg

国名:チュニジア共和国(République tunisienne)
首都:チュニス(Tunis)
公用語:アラビア語
宗教:イスラム教(98%がスンナ派)

大統領:モンセフ・マルズキ(Moncef Marzouki)
首相:ハマディ・ジュバリ(Hamadi Jebali)


現代史

①1956年、フランスから独立したチュニジア王国が誕生。翌年ブルギーハが大統領制を採用してチュニジア共和国となり、憲法を制定した。社会主義を採用し、イスラムに対しては世俗的な改革を進めた。

②1970年に自由主義者のヌイラ首相が就任したが、チュニジア人武装組織に襲撃されて失脚。後を継いだムザーリー首相は一党制から複数多党制への移行を試みたが、民衆の食糧暴動などにより社会不安が高まり、解任された。

③新たに首相になったベンアリが1987年には大統領に就任し、憲法の改正と複数政党制の導入を行った。しかし議会選挙では与党が全議席を独占し、事実上の一党制は継続。湾岸危機ではイラクのフセイン政権を支持するも、、イスラーム主義組織は厳しく弾圧した。

④2010年末に起こったジャスミン革命により23年間のベンアリ政権による独裁が終了した。

⑤政権崩壊後、暫定政権が発足したが、野党代表が暗殺されたことで世俗主義とイスラム主義が対立、国内は分裂している。

主要政党

連立政権
アンナハダ(Ennahda):ムスリム同胞団が母体のイスラム穏健派与党。
共和国評議会(Congrès pour la République)

民主愛国運動(Mouvement des patriotes démocrates):左派で世俗派の野党。暗殺されたショクリ・ベルイード氏が指導者だった。


※このページは現在のチュニジア情勢を理解するための最低知識で、()内はフランス語表記です。歴史が動くたびに随時更新します。
スポンサーサイト

<< マリ基本情報 | ホーム | エジプト基本情報 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。