--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013/02/28 (Thu) 15:12
Stéphane Hessel氏が95歳で死去

「Indignez-vous!(憤慨せよ!)」の作者Stéphane Hessel氏が2月26日火曜日の夜から27日水曜日にかけて亡くなったことが分かった。享年95歳。妻のChristiane Hessel-Chabry氏は、旧外交官でレジスタントでもある夫が「夜中に息を引き取った」と、証言した。

Stéphane Hessel氏は、「ソビエト革命の年」である1917年10月20日に、ユダヤ系の家族にベルリンで生まれた。1925年にフランスに渡った。彼の母Helen Grundは「Jules et Jim」というHenri-Pierre Roché著の小説の中で二人の友人に愛されるカトリーヌのモデルである。Truffaut監督はこの作品を映画化した。彼の父は、哲学者Walter Venjaminと一緒に、小説家Proustの作品をドイツ語に翻訳した。

Stéphane Hessel氏は1937年にフランス国籍を取得して、1939年に高等師範学校に入学した。ドイツ語、フランス語、英語を話した彼はヨーロッパ工業化の象徴ともいえる。彼はMerleau-Pontyの講義に出て、サルトルを呼んだ。1939年に捕虜となるが、脱走してシャルル・ドゴールと合流する。1944年にフランスに戻るも、逮捕されてドイツの Buchenwald強制収容所に移送された。彼は再び捕虜となったが、電車から飛び降りてまたもや逃げだし、アメリカ軍に加わって1945年5月に北駅にたどり着いた。

参照記事:
http://www.lemonde.fr/disparitions/article/2013/02/27/mort-de-stephane-hessel-a-l-age-de-95-ans_1839458_3382.html
スポンサーサイト

<< フランス軍はAbou Zeidの死を確認しておらず | ホーム | キューバで、ラウル・カストロ最後の戦い >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。