--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013/03/01 (Fri) 09:40
フランス軍はAbou Zeidの死を確認しておらず

フランス軍は、マリ北部で金曜日の朝に報告された軍事作戦中の情報の真偽を確認していなかった。それは、イスラム・マグレブのアルカイダ(AQIM)の最高権力者の一人、 Abou Zeidが殺害されたという情報だ。彼はAlitで4人のフランス人を誘拐、人質にとった。

軍事作戦の情報源によると、彼が死亡した正確な日は、ごく最近だという。Abou Zeidはグループの他の重要人物らとともに殺害されたと伝えられた。空中攻撃は、フランス軍とチャド軍、いくつかの現地部隊が43した地上攻撃と共に、キダル北部のAuelhocから十数キロメートル離れたEtagho地区で行われた。この現地部隊は銃撃の誘導装置を設置。軍事権力の目撃者によると、Abou Zeidは43人の部下と共に死亡した。

この地域は、スイス人が人質に取られた際の情報機関がある場所として知られる。彼らは交渉の後、解放された。

参照記事:http://www.lemonde.fr/afrique/article/2013/02/28/un-chef-d-aqmi-a-ete-tue-par-l-armee-francaise-au-mali_1840892_3212.html
スポンサーサイト

<< なぜシリアとマリの反政府勢力の共通性を見出そうとしないのか | ホーム | Stéphane Hessel氏が95歳で死去 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。