--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013/03/05 (Tue) 13:02
イスラエルでパレスチナ人用のバスが物議を醸す

「イスラエル版アパルトヘイトのバスだ」。イスラエル人教授のAeyal Gross氏が日刊紙Haaretzの論壇の中で発したこの発言が、物議を醸している。3月4日月曜日、Cisjordanieからイスラエルの村々に向けてパレスチナ人労働者専用バスの運行を開始した。この路線はAfikim運行会社によって運営されている。

「この新路線はパレスチナ人を隔離するためのものではなく、むしろEyal経由でイスラエルに入るパレスチナ人労働者へのサービス改善を目的としたものだ」とイスラエルの交通大臣は擁護している。さらに、イスラエルの日刊紙Yediot Aharonotは土曜日に、この運行はアラビア語で描かれたチラシをCisjordanieにあるパレスチナの村々に配るための単なるプロモーションを目的にしたものだと異議を唱えた。

参照記事:
http://control.blog.fc2.com/control.php?mode=editor&process=new
スポンサーサイト

<< ニコラサルコジが政界に「戻って来ざるを得ない」と発言 | ホーム | ウゴ・チャベス大統領が死去 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。