--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013/03/08 (Fri) 14:54
サルコジ氏が、同性カップルは「もうすぐ一人の子どもを持つのに4人の親が必要になる」と発言

Valeurs actuelles誌の中でのニコラ・サルコジ氏のインタビューが大きな注目を浴びた。「戻りたいのではなく、戻らなくてはならない、ただフランスのために」と発言した彼の政治復帰は、政界とメディア界を動揺させた。

前大統領は同性婚に関して、牛肉偽造表示のスキャンダルと比較して話した。「私たちがその問題について考えるとき、ステーキのトレースアビリティが重要になる。しかし子供のトレースアビリティに関してはどうすればいいのだ。それこそが最も重要だ。同性婚を認めて医療の力で他人の子どもを妊娠し、出産が可能になれば、彼らはもうすぐ一人の子どもを作るのに4人必要になる。将来、子供が誰が自分の親か尋ねたときにどうするのだ。ごめん、トレースアビリティは無いんだよ、と答えるしかない」。

社会党はニコラ・サルコジ氏の「トレースアビリティの考え」を懸念

同性愛者向けの雑誌Têtuは、LGBT団体『HES』(同性愛と社会主義)の代表Denis Quinquetonにインタビューを行い、彼はこの発言を「ばかげている」と話した。「3回も結婚した男が家族ビジョンについて語るとは非常に面白い。それに、サルコジ氏の子供たちには4人の親がいないのか?」とDenis Quinquetonは皮肉を持ってこう結論付けた。

社会党のスポークスマンの一人Frédérique Espagnac氏はコミュニケの中で、「ニコラ・サルコジ氏の発言は唖然とするほどのばかばかしさだ。医療技術で生まれた子供たちと牛肉を比べるとは、ニコラ・サルコジ氏は下品な発言をする癖があることを自分で示している。」「極右と手を組み、政治的思考を堕落させたビュイッソン・ライン(大統領選挙の際Patrick Buissonがサルコジ氏のアドバイザーだった)は大統領選挙のときの必死な策謀でしかない。よって、最も懸念すべきなのは、ニコラ・サルコジ氏の考えであり、これこそトレースアビリティすべきだ」と彼女は結論付けた。

Le Huffington Post紙は「大統領選挙の際、彼は公約の中で同性婚の反対を表明していた」と思い返している。「私は同性間の結婚と養子縁組に賛成ではない、と家族に対するトピックの中で述べていた。私たちはサルコジ氏が同性婚法案に反対していることを知っていた。ただ、こんなに激しい考えだとは思っていなかった」。

参照記事:
http://bigbrowser.blog.lemonde.fr/2013/03/07/tetu-pour-sarkozy-les-couples-gays-vont-bientot-se-mettre-a-quatre-pour-avoir-un-enfant/
スポンサーサイト

<< 原発:福島は我々に想像を絶する事態を想定し、それに向けて準備することを教えてくれた | ホーム | ニコラサルコジが政界に「戻って来ざるを得ない」と発言 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。