--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013/03/11 (Mon) 17:01
原発:福島は我々に想像を絶する事態を想定し、それに向けて準備することを教えてくれた

フランスのIRSN(放射線防護原子力安全研究所)Jacques Repussard総局長は、原発管理の危険について日本での事故を分析した。

福島の事故から学べる教訓は何か?

今回の事故を詳細まで理解するのには数年かかるだろう。人間もロボットも、まだ燃料やタンクの状態を確認するために誰も原子炉に近づくことが出来ないからだ。大切な教訓は、これが深刻な核事故でしかなく、原子炉の教義は社会からもう受け入れられないということだ。実際に、何もできない。
しかし、深刻な事故は起こりうる。たとえ が高くても、今日ヨーロッパとフランスの

つまりどういうこと?

この試みは起こりうるシナリオについて予防措置を取るということだ。より頑丈に強固にする。管理体制を改善する。捜査員を要請する・・福島は我々に想像を絶する事態を想定し、それに向けて準備することを教えてくれた。

福島の安全性の検討は、フランスやヨーロッパでも十分に行われたのか?

大切なのは、安全性をより高めることだ。キーワードは5つある。経済的健全。安全性の文化。イノベーションの研究。コントロール。そして社会による監視だ。福島の事故の後、選択肢は原子炉の耐久性の強化ばかりが優先された。これは長いプロセスだ。


人間のファクター

核は将来もなくならないのか?

福島は核の


参照記事:
http://www.lemonde.fr/planete/article/2013/03/09/il-faut-arreter-la-course-a-la-puissance-et-imaginer-d-autres-types-de-reacteurs_1845541_3244.html


スポンサーサイト

<< フォークランド諸島:アルゼンチンは国民投票の結果を「パロディーだ」と批判 | ホーム | サルコジ氏が、同性カップルは「もうすぐ一人の子どもを持つのに4人の親が必要になる」と発言 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。